レアール法律事務所

プリティプリティ

経験豊富な弁護士・スタッフによる誠実かつ親身な対応
豊富な実績と経験で高い顧客満足度と評判

>>お問い合わせ  >>弁護士費用  >>サイトマップ  >>プライバシーポリシー

メインイメージ

過払金返還請求の条件

過払い金の返還請求ができる方は?

過払い金の返還が請求できる場合としては、借入金利や取引状況(借り方や返し方)により大きく異なりますが、おおむね7年程度、年利20%を超える貸金業者と取引を継続している方は可能性がかなり高いといえます。
もちろん、既に借金を完済していても、それが過去10年以内の完済であれば弁護士が過去に遡って引直し計算をし、過払い金を回収するので大丈夫です。
また、途中で利息制限法以内の金利に引き下げられている場合でも、過去の超過利息分について引き直し計算を行いますので、諦める必要はありません。

● 既に完済しているが、完済したのが10年以内で、借入利息が年20%以上の取引をしていた場合は、ほぼ確実に過払い金が発生して
  います。 ただし、この場合の過払い金額は、取引期間が長いほど多くなり、逆に短い場合は少なくなります。

● 現在、借入利息が年20%以上の契約を長期間(7年程度以上)続けている場合は、過払い金が発生している可能性がかなり高いと思
  われます。ただし、この場合には、過払い金が発生していなくても債務の大幅な減額が期待できます。

※個人債務に関するご相談は一切無料です。全国どこからでも無料でご相談頂けます。
レアール法律事務所の安心サービス
レアール法律事務所では、借金を抱えて困っている方々が債務整理をより 利用しやすいように、弁護士費用の分割払いも可能です。 また、債務整理についてご不明な点など ございましたら、どうぞお気軽に無料相談窓口へご相談ください。

レアール法律事務所へのご相談方法