レアール法律事務所

プリティプリティ

経験豊富な弁護士・スタッフによる誠実かつ親身な対応
豊富な実績と経験で高い顧客満足度と評判
女性弁護士の指名も可能 多くの女性スタッフが在籍

>>お問い合わせ  >>弁護士費用  >>サイトマップ  >>プライバシーポリシー

メインイメージ

過払金と利息の関係

過払い金返還請求で債務整理するとお金が戻ってくる理由

利息制限法の上限利率を超えた利息を支払うことを約束した場合、その利率が出資法で定められた利率を超えなければ違法ではなく、貸金業者が貸金業法で定められた一定の要件を満たし、返済する者が任意で(強制されずに)支払えば、利息制限法の上限利率を超えた利息も貸金業者は受け取ることができる(これを「みなし弁済」といいます)というのが現在の利息制限法です。
あなたが業者からお金を借りたときに、利息制限法の上限利率をこえた利息の支払を約束し、その約束に従ってこれまで返済を続けてきたとすれば、それは、業者としてはみなし弁済が成立するとの前提で取引を行ってきたということです。
しかし、実際には、みなし弁済の要件を充たす業者はないといっても過言ではありませんし、業者が裁判でみなし弁済が成立すると主張しても認められることはほとんどありません。
そこで、最初は高い利息で返済することを約束していたとしても、あなたが「もう借入はしない」「これまで利息を払いすぎてきた」と思うのであれば、貸金業者に対して、みなし弁済は成立しないから利息制限法に定められた利息しか払わないということで、引きなおし計算した結果過払い金が生じていれば、過払い金の返還を請求できます。




過払い金返還請求で債務整理することは、金融業者との取引契約年数が長ければ長いほど有効な手続きです。
金融業者との取引年数が長い方ほど良い結果(より 高い過払い金)が発生します。
約定の利率、これまでの借入と返済の状況により過払い金の有無とその金額が変わってきます。
返還される過払い金は個人によってさまざまですが、 利息制限法では利率が『元本が10万円未満=20%、10万円以上~100万円未満=18%、100万円以上=15%』と定められているのに対し、一般的な金 融業者の多くは20%を軽く超える利率を提示しているのが現状ですので、長年に渡り、消費者金融ローンなどを利用し、返済を続けてきたというお客様のほとんど は債務整理することで多くの過払い金が戻ってくる可能性があるといえます。

※個人債務に関するご相談は一切無料です。全国どこからでも無料でご相談頂けます。
レアール法律事務所の安心サービス
レアール法律事務所では、借金を抱えて困っている方々が債務整理をより 利用しやすいように、弁護士費用の分割払いも可能です。 また、債務整理についてご不明な点など ございましたら、どうぞお気軽に無料相談窓口へご相談ください。

レアール法律事務所へのご相談方法