債務整理と借金返済の相談はレアール法律事務所

プリティプリティ

経験豊富な弁護士・スタッフによる誠実かつ親身な対応
豊富な実績と経験で高い顧客満足度と評判
女性弁護士の指名も可能 多くの女性スタッフが在籍

>>お問い合わせ  >>弁護士費用  >>サイトマップ  >>プライバシーポリシー

メインイメージ
レアールの任意整理

任意整理

任意整理は、裁判所を通さず、弁護士が直接債権者に対して、借金を適法な残額にし、さらに毎月の返済金額を返済可能な金額まで減額してもらえるよう、個別で和解交渉をする手続きです。また、場合によっては、既に過払い金が発生していて、お金が戻ってくるケースもあります。
また最近、消費者金融の利用は無いが、銀行のカードローンの返済が苦しいという方が増えてきています。
このような場合でもこちらのケースのように任意整理で解決が可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください。

任意整理とは?


任意整理は、裁判所を通さずに弁護士が”直接”債権者と交渉をし、①まず借金の残額自体を適法金額まで減額させ(適法だった場合には減りません)、②毎月の返済額を貴方が無理なく返済できる金額まで減らした内容で和解契約を締結します。また、既に『過払い金』が発生しているケースもあり、このような場合には、弁護士がこの過払い金の回収まで行いますので、結果、貴方の債務総額が大幅に減額となるケースも多々あります。また、弁護士に依頼する事により、債権者と”法に合致した和解契約”を結ぶ事ができますので、とても安心です。

支払いがすぐに止まる!?


弁護士に任意整理を依頼されますと、弁護士は直ぐに各債権者に受任通知(介入通知)を送付します。これにより、以降、債権者はあなたへ直接請求・督促ができなくなり、再び平穏な生活を取り戻す事ができます。

任意整理という選択


任意整理は、自己破産するほどではないけれど、このままでは破産をしてしまうという状況、もしくは自己破産を回避したい、少しずつでも自力で返済をしていきたい、という方に最適な債務整理手段です。

また、依頼者からの委任を受け弁護士が受任して、任意整理が開始されると、債権者は直接の取立行為ができなくなります。

したがって、任意整理は、毎月の返済日が近づくと「返済の事で頭がいっぱいになり今後の事が考えられない」という方には、これまでの生活を見直し、経済的にやり直す機会を与えてくれる最適な方法と言えるでしょう。

具体的には、利息制限法という法律で認められている利率(年15~20%)で過去の取引の引き直し計算をし、これに基づき債務を減額、さらに債権者の協力の下、将来発生する利息をカットしてもらい、これを向こう3~5年の分割返済で完済できるように返済計画を立て直します。ただし、この「利息カット」には法的根拠がありませんので、必ず債権者からの合意が得られるとは限らないことを予めご了承下さい。

もちろん、この返済計画は、あなたが現在置かれている状況を考慮して立案しますので、無理のない返済をしていくことが可能となります。 精神的に落ち着いた状態で、今後の生活のあり方や返済計画などをゆっくりと考えてみるのはいかがでしょうか。
*「引き直し計算」とは、約定利息の利率が利息制限法の利率を超えていた場合、過去に返済した金額のうち、利息制限法の利率を超えて利息として支払っていた部分を残元本の返済にあてたようにして計算していくことです。

例えば、残債務が30万円あり1万円返済した場合、約定の利率では1万円のうち5000円が利息の返済になったとすると5000円が元本の返済となるので、返済後の残元本は29万5000円になりますが、利息制限法で計算した利息が3000円だったとすると、残りの7000円が元本の返済にあてられたことになるので、返済後の残元本は29万3000円となります。

このように、約定の利率で計算した場合よりも順次元本が減っていくことになるので、最終的な残額も少なくなります。

※これらは「利息カット」で和解が成立した場合です


※個人債務に関するご相談は一切無料です。全国どこからでも無料でご相談頂けます。
レアール法律事務所の安心サービス
レアール法律事務所では、借金を抱えて困っている方々が債務整理をより 利用しやすいように、弁護士費用の分割払いも可能です。 また、債務整理についてご不明な点など ございましたら、どうぞお気軽に無料相談窓口へご相談ください。

レアール法律事務所へのご相談方法