レアール法律事務所

プリティプリティ

経験豊富な弁護士・スタッフによる誠実かつ親身な対応
豊富な実績と経験で高い顧客満足度と評判

>>お問い合わせ  >>弁護士費用  >>サイトマップ  >>プライバシーポリシー

メインイメージ
レアールの任意整理

任意整理Q&A


Q1.任意整理とはどのような手続きですか?

A.任意整理は裁判所を介さずに行なう債務整理です。
任意整理は他の債務整理と違って裁判 所を介さずに債権者と代理人が直接話し合いをし、交渉を行なう直談判の債務整理です。
任意整理を弁護士に依頼した場合は、債権者とのその後のやり取りは全て弁護士が 依頼者の代理人として代わりに行います。
また任意整理のご依頼後、すぐに取立てがストップするというのも弁護士に依頼した場合の大きな特長です。

Q2.任意整理手続きを家族に内緒でできますか?

A.知られてしまう可能性はあります。
任意整理は債権者とのやりとりを全て弁護士が行いますので、その間は、家族や友人に自らが言わない限りは知られることはありません。
家族や友人が保証人になっていないかぎり、債権者から、家族や友人に連絡がいくようなこともありません。
けれども、一部ヤミ金などの債権者は悪質な取立てをしたりする場合もありますので、その場合には絶対に内緒にできるという訳ではありません。

Q3.任意整理はギャンブルが理由の借金でも手続きできますか?

A. 借金の理由は問われません。
任意整理は裁判所を介さずに行なう手続きですので、借金の理由が浪費やギャンブル(自己破産の場合免責不許可事由にあたります)であっても手続きができます。

Q4.任意整理をすると取立てが止まりますか?

A. 任意整理の手続きを依頼されるとすぐに止められます。
任意整理を依頼してそれを当事務所で受任しますと、弁護士が各債権者(金融業者)へ「ここから先は弁護士が介入しますよ。」という介入通知を送ります。
水戸黄門でいう印籠のようなものです。この時点で、債権者は取立て行為が一切禁止されます。
ですから、それまでの督促や取立てはすぐに止まります。もしも、この通知を受けたにもかかわらず、債権者が取り立て行為をしてくる場合には、法律で罰せられます。

Q5.一部のローンだけを除いて任意整理手続をすることができますか?

A. できます。
任意整理は裁判所を通さない直談判の和解交渉ですので、住宅や車のローンだけを除いた金融業者の債務だけを任意で債務整理することができます。
マイホームや愛車を手放したくない方には最適な債務整理であるといえます。

Q6.任意整理のデメリットは何ですか?

A. 今後一定期間のクレジット・ローンが利用できません。
任意整理に限らず他の債務整理も同様ですが、債務整理の手続きを行ないますと、信用情報機関に一定期間登録されますので、その間の約5年から7年程はクレジットやローンの利用ができません。けれども、多重債務で困っていた生活に比べれば、デメリットといえるほどではないといえます。
また、借入業者が多数であったり、債務額が高額であったり、返済が遅れていたりすれば、債務整理の手続きを行っていなくても新たな借入やカードの利用ができなくなることもあります。
クレジットカードに頼り、毎月カードの返済額がどれくらいになっているかわからなくなってしまい請求がくるたびに慌ててしまうような方は、この機会にクレジットカードの利用を止めて、自分の生活を見直し、新たな生活を始めるきっかけになると考えれば、デメリットとはいえません。

※個人債務に関するご相談は一切無料です。全国どこからでも無料でご相談頂けます。
レアール法律事務所の安心サービス
レアール法律事務所では、借金を抱えて困っている方々が債務整理をより利用しやすいように、弁護士費用の分割払いも可能です。 また、債務整理についてご不明な点などございましたら、どうぞお気軽に無料相談窓口へご相談ください。

レアール法律事務所へのご相談方法